2007-06 真子&望 ローマへ!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■売れたマーケティング、バカ売れトレーニング:売れたま!■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━特別編Vol.029 2007/06/05
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 今日のポイント ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

●ローマの街で「マーケティング脳」を鍛える!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆売多真子&上原望、ローマへ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●売多真子&上原望、再びイタリアへ。今度はローマ!

全国の真子&望ファンの方、お待たせしました! 売多真子&上原望
再登場!

そーれ・しちりあーのの立ち上げも順調に行く中、真子&望は、再び
イタリアに出かけました。

今回は、売多勝のイタリア出張とタイミングを合わせ、真子&望と勝
がローマで再会。さて、どんな会話がかわされることやら……

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆真子・望・勝がローマで再会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

真子・望と勝は、イタリアでも使える携帯電話で連絡を取り合いなが
ら、勝が宿泊するホテルのロビーでついに感動(?)の再会!
真子:勝さん、ブォンジョルノ~ ようやく会えましたね!

勝 :おう、二人とも無事だったか。

望 :それが無事じゃなかったんですよ~

勝 :どうしたの?

真子:私たち、アパートみたいなのを借りてるんですね。マンション
   の短期レンタルみたいな。

勝 :日本で言うと、ウィークリーマンションみたいなもんか。

望 :あ、そうですね。それで、初日はアパートに入れなかったんで
   すよ。

勝 :え!? それでどうしたの?

真子:まず、アパート会社でカギをもらってアパートにタクシーで行
   ったんですけど、住所しかくれなかったので散々迷って……

勝 :で?

望 :それで、迷って迷った末に場所はわかったんですが、カギがう
   まく開けられなくて……

真子:それで、結局諦めて、近くのそこそこのホテルがたまたま空い
   てたので、そこに泊まりました……

勝 :……それで、結局入れたの、アパートには?

望 :ええ、カギを右に回すものだとばっかり思っていたら、左に回
   したらすぐ開いて……

勝 :人間の思いこみって恐いよな。

真子:ほんと、そうですよね~。

勝 :まあとにかく無事で良かった。で、教訓は?

真子:え??

勝 :そんな格好のネタから学ばないヤツがあるか。オマエはどうし
   て欲しかった?

真子:あ、なるほど。私たちがこんな目に遭わないようにするために
   はどうすればよいかってことですね。

勝 :そう。重要な顧客満足の問題だ。

望 :まずは、アパート会社の人に、ついてきてもらって、アパート
   に入れるところまで面倒をみて欲しかったですよね。

勝 :それが一番安心だな。でもそれだとコストがかかるだろ。料金
   に跳ね返る。次善の策は?

望 :親切なマニュアルみたいのを作るとか?

勝 :例えば?

真子:うーんとね、まずは地図かな。ネットに載ってる粗っぽいの
   じゃ不親切。

勝 :地図だけでいいか?

望 :えっと……建物の写真を載せる!

勝 :そうだな。見知らぬ土地で、地図だけじゃわからないから、近
   くにある風景とか、アパートの外観があるといいな。後は?

真子:あとは?? 別に……

勝 :おいおい、君たちは何に困ったんだ?

真子:あ、そうだ。カギが開かなかったんだ。

勝 :だから?

真子:カギは、左に回して開ける、って案内する!

勝 :そうだな。過保護のような気もするけど、それが親切だな。
   そんなのは、紙1,2枚に印刷するだけだからタダに近い。

真子:でも、それが一番私たちが困ったことですからね……

勝 :あとは無いの?

望 :まだあるんですか?

勝 :あるよ。ゆっくり考えてね、望ちゃん。

真子:勝さん、なんで私と望ちゃんでそんな口調が違うのよ……

勝 :あたりまえだ。いいから考えろ。

二人:………わかりません………

勝 :君たち、アパート会社を出てからどうした?

真子:タクシーに乗りました。

勝 :だから??

望 :………あ! アパート会社の人が、アパートを知ってるタクシ
   ーを手配してあげればいいんですね!

勝 :そうそう。タクシー会社と契約したりして、お客様をアパート
   の目の前まできちんと送り届けるようにすればいい。

望 :なるほど…私たちが困ったことが、そのままアパート会社がや
   るべきことだったんですね。

真子:そう考えると、あのアパート会社、不親切だよね。段々ハラが
   立ってきた!

勝 :って思われないように、君らも考えないとな。

望 :そうか、そう考えるとあの経験もあながちムダじゃなかったっ
   てことですね。

真子:お客様の視点で追体験する、ってことだ……

望 :お客様が、アパート会社を出て、どうやってアパートに行くか
   その行動をなぞって、それをやりやすくしてあげればいいんだ

勝 :そうそう。それが、「マインドフロー」*の基本的な考え方な
   んだ。それについてはまたレッスンしてあげよう。

望 :はい、ぜひお願いします!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆レストランのテラスで……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

勝 :じゃあちょっと出ようか。

真子:勝さん、どうするんですか?

勝 :ちょっとバールでエスプレッソでもどう?

望 :あ、それいいですね。ぜひ。
3人は近くのバール(喫茶店のようなもの)のテラス席に陣取って、
それぞれエスプレッソを注文しました。
真子:この席って、道の上ですよね。雨が降ったら、単なる道になる
   んですよね、きっと。

望 :今くらいの季節の、こういう外の席ってすっごく気持ちいいで
   すよね、暑くもなく寒くもなく。

勝 :なんでこういう道の上に席を出すんだと思う?

真子:え、今望ちゃんが言ったように、気持ちいいからじゃないんで
   すか?

勝 :気持ちいいだけじゃ、売上は上がらないだろ。

真子:え、だって気持ちよければお客様が一杯くるじゃないですか。

勝 :お、いいポイントだ。それで??

真子:それで?

望 :それで……?

勝 :……ヒントは、店の中を見てみろ。

真子:意外と店内は狭いですよね。外の方が席が多いくらい。

勝 :そうそう。それで?

望 :それで……もう少しヒントをいただけませんか?

勝 :望ちゃんに頼まれたらイヤとは言えないけど、もう答えを見つ
   けてるじゃない。

真子:もう、望ちゃんには甘いんだから……気持ちよければお客様が
   一杯来て……

望 :店の中は狭い……

勝 :そうそう。

真子:あ! そうか、店を広げているようなものなんだ! 店が狭く
   ても、道の上に席があれば、それが店になる!

望 :そうすれば、こんな観光シーズンのお客様が殺到する時期でも
   それだけのお客様をさばける!

真子:しかも、お客様が望んでテラス席に行きたがる!

勝 :そう。多分そういうことなんじゃないかな。道の上にお店を出
   すのは届け出か許可がいるとは思うけどさ。

真子:そうかあ……

望 :勝さん、ローマまで来てもそんなことばっかり考えていらっし
   ゃるんですね……スゴイです……気が付きませんでした。

勝 :職業病みたいなもんだな。

真子:反省。浮かれているだけじゃなくて、やっぱりそこまで考えな
   いといけないですね。

勝 :おう。じゃあ、次はローマの街について考えてみようか。どう
   だった、ローマの街は?

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■売れたマーケティング、バカ売れトレーニング:売れたま!■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━特別編Vol.030 2007/06/08
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 今日のポイント ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

●ローマは、街の「強み」を存分に活かしている!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ローマの街の特徴は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

勝 :で、ローマに来て、どう思ったの、望ちゃん?

望 :ローマの歴史ってすごいな、って……

勝 :そりゃそうだ。

真子:だって、コロッセオなんか、1900年前の建物ですよ。5万
   人入るなんて、東京ドーム並ですよ。すごいじゃないですか!

勝 :オレも行ったけど、すごいよな、うん。それで?

真子:それでって?

勝 :コロッセオって、今は何かに使われてるの?

真子:使われてないに決まってるじゃないですか。勝さん、どうかし
   ちゃったんじゃないですか?

勝 :はあ……望ちゃんならわかってくれるかな。使われてないのに
   何で残してあるの? 潰してマンション建てた方が儲かるよ。

望 :いえ、使われてないわけじゃないですよね。それがあるから、
   ローマに人が来るわけですから……

勝 :でさ、ローマの街の特徴は?

真子:歴史がある!

勝 :当たり前だ。で?

真子:だから歴史がある建物ばっかりだな、って。

勝 :だから? 歴史だったら、京都・奈良はローマほどじゃないけ
   ど1200年以上の歴史があるぞ。

真子:確かに。鎌倉だって鎌倉幕府以来800年の歴史がありますけ
   ど、古い建物ばかりじゃないですよね……

勝 :外国人にとって、東京の見所ってどこだ?

真子:うーんっと、原宿、渋谷、秋葉原、東京タワー、歴史があると
   ころでは皇居とか明治神宮……

勝 :原宿、秋葉原はともかく、皇居もせいぜい400年だな。

真子:確かに、全然歴史遺産が無いですね……

勝 :無い訳じゃないんだけど、ローマのあちこちにある歴史的建造
   物と比べると、量的に大差があるよな。東京はビルばっかり。

望 :そうか………そこに戦略があるんだ!!

勝 :何の? どんな?

望 :歴史都市、ローマとしての意思みたいなものですよ! ローマ
   は歴史で生きていくんだ、っていう「想い」みたいなのが……

勝 :そう、そこがポイントだ。それが多分ローマの戦略なんだ。

真子:ローマって、産業はあるんですか?

勝 :っていうか、観光が産業なんだな。だから真子たちだって、ロ
   ーマに来たんだろ?

真子:確かに~。やっぱり「ローマ」っていうと特別な感じがします

勝 :実際、ローマは経済的には影が薄い。欧州の金融の中心はシテ
   ィのあるロンドンだし、政治・経済の中心はパリ・ベルリン。

望 :確かに経済の街って感じでは全然無いですよね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ローマは巨大な……何?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

勝 :ちょっと二人とも立ち上がって。

望 :は、はい……

真子:何よ勝さん、私たちのスタイルがいいのはわかってるでしょ。

勝 :うるせーな、自意識過剰だ。周りを見回してみろ。

真子:だから歴史的な建物が……

勝 :もっと上。

真子:上は空に決まってるじゃないですか……

勝 :そうだよな。東京とどう違う?

真子:東京の空より青い!

勝 :はあ……

望 :……何だろう……そうか! 高層ビルが無い!

勝 :さすが望ちゃん。そう、ローマの中心では歴史的建造物だけが
   目立って、近代的な高層ビルは見えないことに気づいたんだ。

真子:なっるほど~。ホントだ~勝さん、さすがですね~あるものに
   は気づきますけど、無いものには気づかないですよね~~へ~

勝 :街から高層ビルが見えないって、何かと共通しない?

望 :あ、東京ディズニーリゾート(TDR)ですね。あそこも高層
   ビルとかが視界に入らないですよね。

勝 :なんでそうしてるんだと思う?

望 :だって、「夢の国」にいるのに、高層ビルが見えたら台無しで
   すよ。

勝 :で、ローマは? ローマも多分規制で高層ビルとかが造れない
   んだと思うけどさ。

真子:そうか…ローマは街全体がテーマパークみたいなものなんだ!

勝 :そう! ローマは巨大な歴史テーマパークなんだ!

真子:しかも、作られたパークじゃなくて、本物の!!

望 ;確かに、街のあちこちに古い教会があって、ちょっと立ち寄っ
   てもすごい絵画とかがありました。

真子:そうそう、そんなのが街のあちこちにあるんですよ。いくつか
   教会に入りましたけど、みんなすごいですよ!

勝 :だろ!? そういう発見が街のあちこちにあるんだよ! ここ
   は本当に面白い街だよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆強みを活かした戦略
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

望 :さっき、勝さんが「コロッセオって何に使われているの?」っ
   て聞かれた意味がやっとわかりました。

勝 :うん。何?

望 :テーマパークのシンボルですね、あれは。ディズニーランドの
   シンデレラ城みたいなものなんじゃないですか?

勝 :そうそう。とにかくでかいからね、ヴァティカンもそうだ。で
   ローマの戦略は?

真子:だからさっき望ちゃんが行った、歴史の観光都市。

勝 :ローマの強みは?

真子:強みっていえば、やっぱりローマ帝国時代からの歴史じゃない
   ですか? 2000年前の世界の中心。

勝 :だから?

真子:だからって??

望 :あ……ローマは、その「歴史」という強みを活かした街造りを
   しているってことですか!?

勝 :正解! 真子も少しは考えろ。

真子:考えたもん。ロンドンとかパリに無いのは、その歴史なんです
   よね。だったら、それを守って、使った方がいいんですよ。

勝 :そうそう。どの年にも歴史はあるけど、ローマのそれは際立っ
   てる。現存する最古の古代都市って言っていいんじゃないか。

真子:だから、フォロ・ロマーノみたいな、言ってみれば建物の残骸
   みたいなのを残しておくんですね…

勝 :残骸とは大胆な……でもあそこにいるだけで、2千年前の世界
   の中心を歩く雰囲気が味わえるだろ。

真子:確かに~私もイタリア料理でいつかは世界へ、みたいな……

勝 :あれ、オマエ意外と野心家だな。

真子:そんなの勝さんに言われたく無いですよ。勝さん、フォロ・ロ
   マーノで「いつかはオレも世界制覇を」とか思ったでしょ。

勝 :……よくわかったな。

真子:似たもの同士ですからね~

勝 :失礼な。そういう雰囲気を味わえるのがローマの凄さだ。ロン
   ドンにも行ったけど、そういう感じじゃ無かったよ。

望 :今思ったんですけど、映画の「ローマの休日」もローマの強み
   ですよね……「ロンドンの休日」は無いですからね……

勝 :げ……正解。今そっちを聞こうと思ったのに。今の歴史の話と
   ローマの休日の、共通点は何?

真子:………歴史と映画の共通点、ですか?? それは難しい……

望 :ヒントくださいよ~勝さん…

勝 :じゃあその話はおいといて、次だ。あとはどこに行ったの?

真子:あとはスペイン広場、トレヴィの泉、真実の口と……

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■売れたマーケティング、バカ売れトレーニング:売れたま!■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━特別編Vol.031 2007/06/11
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 今日のポイント ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

●ローマの強みは、その「物語」力にあった!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆語り継がれる「物語」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

真子:あとはスペイン広場、トレヴィの泉、真実の口と……

勝 :観光客丸出しのコースだな……ははは

真子:だって行きたかったんだもん。ね、望ちゃん。

勝 :まあオレも全部行ったんだけどさ(笑)

真子:やっぱり…勝さんだって意外とミーハーですよね。

勝 :ふざけんな、マーケティングのためだよ。で、スペイン広場っ
   てどうだった?

真子:……あの階段があるだけでした……なんか想像していたより、
   小さくって……

望 :それも混んでて……映画みたいにジェラート食べて階段を歩く
   なんて雰囲気じゃ全然無かったですよ。

勝 :ははは、残念だったね。まああれだけ有名な観光地だからな、
   しょうがない。単なる階段が何で有名になったんだろう?

真子:そりゃー、「ローマの休日」ですよ。あれ、誰でも1回は見ま
   すよね。

勝 :そうだな。で、トレヴィの泉と真実の口は?

真子:トレヴィの泉はキレイでしたよ。そこもすごく混んでて、のん
   びりできませんでしたけど……

望 :「後ろ向きに肩越しにコインを投げるとローマに又来れる」っ
   ていうの、やりましたよ! 周りの人もやってました。

真子:今度来るときはは素敵なカレシと来たいよね~

望 :そうだよね~

勝 :悪かったな、一緒にいるのがオレで……

望 :あ、いえいえ、勝さんといられるのもすごく嬉しいですよぉ

勝 :いいよ、無理しなくて

真子:じゃあ今度勝さんと二人きりで来ましょうよ。

勝 :誰がオマエなんかと……

真子:もう、そういうと思った……

勝 :で、真実の口は?

望 :それが、祭日だったせいか、閉まってて……写真撮って終わり
   でした。残念。

真子:勝さんもやってみてよ。「嘘つき」が手を入れると食われる、
   っていうから、やばいですよ、勝さん。

勝 :……オマエが言うな。真実の口とトレヴィの泉の共通点は?

真子:何ですか、唐突に。

勝 :いいから答えろ。

望 :これもノーヒントですか?

勝 :ヒントも何も、今君たちが言ったばっかだ。

真子:わかった! すごく混んでること!

勝 :はあ……確かにそれも言ったけどさ……何で混んでるんだよ?

望 :やっぱり、手を入れると手が食べられちゃうとか、コインを投
   げると又来れるとかって言われるとやりたくなっちゃう……

真子:そういう「体験」をしたくなるってことだ!

勝 :うん。核心に近くなってきた。なんでしたくなるんだ?

望 :そういう伝説を確かめたいからですよね?

勝 :そう。今望ちゃんは「伝説」って言ったけど、そういう物語性
   があるんだよ、ローマには。

真子:じゃあ、真実の口の物語はローマが恣意的に作ったとか?

勝 :いい発想だぞ、真子。誰が作ったのか確かめようが無いけど、
   ローマとしては語り継いで欲しい物語だよな。

望 :そういう物語があれば、確かに友達に話したくなりますよね。
   真実の口に手を入れたよ、とか。

勝 :そうそう。で、それがやりたくなるよね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆歴史と映画の共通点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

望 :……なんかわかった気がする。

真子:どうしたの?

望 :さっきの勝さんの宿題。「歴史と映画の共通点」よ。

勝 :お、さすが望ちゃん。

真子:いちいちカンに触る言い方しますよね……どうせ私はオバカで
   すよ……

勝 :だからオマエも考えろ。で?

望 :「伝説」ですよ。2千年前の世界の中心都市にいられる、って
   いう気分とか……

真子:なるほど……ローマの休日で王女がやったことを私もやりたい
   とか……。私たち、それをなぞってるんだよね、ローマで。

勝 :正解! オレは「物語」とか「ストーリー性」って言葉を使う
   けど、ローマには語り継がれる物語がすごく多いんだよ!

真子:でも、ローマの休日は別にローマが意図的に作ったわけじゃな
   いですよね?

勝 :多分な。でもな、なんで映画の舞台に映画の作者がローマを選
   んだんだと思う?

真子:あ、そうか……物語があるからですね! 物語があるから、ま
   た物語が作りやすくなるんだ!

勝 :そうそう。あの映画の真実の口のシーンなんか、まさにそうだ
   よな。真実の口の伝説がなければ、そもそも成立しない。

望 :そうか……アン王女もローマの物語性を楽しんだ……そしてそ
   れを私たちがまたなぞる……すごい重層構造ですね。

勝 :でさ、その物語って他の都市にできるか?

真子:……なるほど……ローマの「歴史」っていう独自資源に基づい
   ているからできないですね!

勝 :東京なら江戸幕府とか、明治維新とかはできる。パリもフラン
   ス革命とかはできる。

望 :でも、2千年前の世界の中心はローマしかない!

勝 :まああるとすれば中国だろうけど、西洋史の始まりという意味
   ではローマだよな。隆盛を極めたローマ帝国の中心。

真子:歴史というソフト資源、歴史遺産というハード資源をフルに活
   かして「物語」をうまく差別化ポイントにしてるのね。

望 :そのための街作りもきっちりしているから、歴史テーマパーク
   として魅力的なのね。

勝 :どうだ、ローマ観光もこうやってみると、マーケティング脳の
   トレーニングになるだろ。

真子:ありがとうございました! ちょっとできる気になってたけど
   まだまだですね……こんな発想はできませんでした……

望 :勉強になりました! ローマの隠れた物語、まだまだ探してみ
   ます!

勝 :仕事で来たんじゃないのか、君たち……

真子:あ、そうだ……仕事しないと大久保さんに怒られるね……

勝 :ローマの料理とかバールの雰囲気とか、しっかり味わってこい
   よ。オレ、エスプレッソ飲み過ぎでおかしくなったよ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆都市のマーケティングもできる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

望 :ローマほど古くないにしても、そういう物語性って、どの都市
   にもあるはずですよね。日本の都市にも。

勝 :そう! すごくいいポイントだ。日本では東京とそれ以外の格
   差とかってよく言われるけど、みんな東京にはなれない。

真子:各都市の歴史とか物語を活かせばいいってことね。

勝 :オレは、地方活性化のカギはそのあたりにあると思ってる。各
   地の物語を活かした、都市のマーケティングだな。

望 :京都なんかはうまくやってますよね。ブランドの作り方とか。

勝 :そうだね。今日本の地方都市に本当に必要なのは、知恵を絞る
   ことだと思う。マーケティングという意味で。

真子:それで、各都市が輝きを放ったら日本も元気になりますよね。

勝 :ほんとにそう思う。みんなが「ドリルを売るには穴を売れ」の
   真子や望ちゃんの活躍を読んで、頑張って欲しいな。

望 :そしたら各都市のそーれ・しちりあーのの強力なライバルにな
   りますね

真子:だから、そーれ・しちりあーのの物語ももっと豊かにしていか
   なきゃね。

勝 :そうだ。そのためにはきっちり仕事して帰れ。

真子:はーい。どうもありがとうございました。勝さんも楽しんでき
   てくださいね~

勝 :オレだって仕事だよ、これから……

真子:じゃあまた日本で会いましょうね~~