管理人 佐藤義典の著作

 

◆佐藤義典の書籍

このサイトの管理人、佐藤義典は10冊を越えるマーケティングの著書を出しており、その発行部数はお陰様で累計数十万部に達しております。大手書店にはまず置いてありますので、ひょっとして書店でご覧いただいたことがあるかもしれません。

このサイトの一番右に、書籍の画像が入ったタテにずらずらと並んでいる小さなボックスがあります。こちらで、私の著書・CDを紹介しております。主だったものは、全てここで紹介しておりますので、マーケティングを深く知りたい、実戦したい、という方はぜひどうぞ。大手書店さんにも置いていただいていますので、お手にする機会がありましたら、ぜひ手に取られてみてください。

アマゾンでの佐藤義典の著者ページはこちらです。著書が一覧になっており、見やすいです。

アマゾンで佐藤義典の著作一覧をご覧になるにはここをクリック

◆「一言で言って、お勧めは?」 お勧めの3冊はこれです

「何がお勧めか、すぐ知りたい」という方のために……この3冊をお勧めします。

★入門レベル・小説形式:「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」

「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」佐藤義典
青春出版社 1,080円(税込)

(本書は「ドリルを売るには穴を売れ」の改訂版であり、中身はほぼ同じです。「ドリル~」を既にお持ちの方はご注意ください)

アマゾンはこちらです

マーケティングの知識・経験が全く無い方が「一番最初に読む本」としてお勧めです。イタリアンレストランの再建企画を託された主人公(新人OL)が、その企画を立てるべく泣きながら頑張る小説。ベストセラーです。

★実戦レベル・理論解説:図解 実戦マーケティング戦略
「図解 実戦マーケティング戦略」 佐藤義典
日本能率協会マネジメントセンター 1,680円(税込)

アマゾンはこちらです

マーケティングを実戦して成果を出したい、という方にお勧めです。

マーケティング戦略の考え方を「戦場・競合」「独自資源」「強み」「顧客」「メッセージ」の5つで説明する「戦略BASiCS」、顧客視点で打ち手を考える「マインドフロー」など、実戦的なマーケティング理論を解説。ベストセラーです。

本書の目次はこちらからお読みいただけます(クリックするとPDFが立ち上がります)

★実戦レベル・小説形式:白いネコは何をくれた

「白いネコは何をくれた」 佐藤義典
フォレスト出版 1,575円(税込)

アマゾンはこちらです

マーケティング戦略の「使い方」を知りたい、という方にお勧めです。

マーケティング戦略の考え方を「戦場・競合」「独自資源」「強み」「顧客」「メッセージ」の5つで説明する「戦略BASiCS」の使い方を小説形式で。広告代理店のサエナイ営業マンが戦略ツールの使い方を学んで成長していく、経営戦略とキャリア戦略が一体化した小説。

発売直後に、アマゾン1位(本全体の1位です)を獲得! 深田恭子さんの写真集などとデッドヒートを繰り広げました。

★無料メルマガ 売れたま!
本ではありませんが、とにかくお勧めなのが無料メルマガ「売れたま!」です。このサイトの名前は(uretama.com)は、もちろんこの「売れたま!」から来ています。

・戦略の考え方
・売れるネタ
・商品開発の方法

など、マーケティングのお役立ちネタが週2回無料で届きます。

もちろん本サイトをお読みいただくのも良いですが、「読もう読もう」と思っているうちに結局は読まない、ということはありませんか?

メールで来ることで「あ、そうだ、読もう」という意識づけができます。

もちろん解除もすぐできますから、やめようと思われたらすぐにやめられます。

特にお勧めするのが、部下の方などに読んでもらうことです。無料の従業員教育になりますし、組織としての共通言語にもなります。

ご登録はこちらにメールアドレスをご入力いただき、登録ボタンを押すだけです。もちろん解除もすぐできます

メールアドレス(半角)

メルマガ詳細・解除・規約はこちら


◆佐藤義典の主要な書籍

ここからは、このサイトの管理人 佐藤義典の主要な書籍を難易度別にご紹介いたします。

◆入門レベル:マーケティングをゼロから学びたい方向け

「入門レベル」は、このような方にお勧めです
○マーケティング関連の仕事について1年以内
○経験の少ない部下を持つマーケティング関連部門の管理職(部下の方のために)
○学校で初めてマーケティングを学ぶ方
○就職活動中の学生の方

★「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」

「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」 佐藤義典
青春出版社 1,080円(税込)

(本書は「ドリルを売るには穴を売れ」の改訂版であり、中身はほぼ同じです。「ドリル~」を既にお持ちの方はご注意ください)

アマゾンはこちらです

ゼロから学ばれる方が、一番最初に読む1冊はこれ。「イタリアンレストラン」という身近な事例をとりあげ、その「マーケティング企画」をどう考えていくのか、基本的な理論5つ(ベネフィット、ターゲティング・セグメンテーション、強み、4P、想い)に絞り、小説形式で学べます。

イタリアンレストランは経営の縮図です。「開発部門(シェフ)」と「営業部門(ホール)」の対立、顧客ターゲットと製品戦略(メニュー)の乖離、戦略のブレ、など企業で起きる様々な問題が起きます。私たちにとって身近なイタリアンレストランを舞台とすることで、そのような経営の問題がわかりやすく実感できます。

3時間で、マーケティングの基本がわかります!

「初めてだからとにかくわかりやすくマーケティングを学びたい」
「専門用語はイヤ」
「3時間で読める本が欲しい」
「部下に読んでもらって共通言語が作りたい」

というニーズにお応えします。

★「白いネコは何をくれた」

「白いネコは何をくれた」 佐藤義典
フォレスト出版 1,575円(税込)

アマゾンはこちらです

マーケティング戦略の考え方を「戦場・競合」「独自資源」「強み」「顧客」「メッセージ」の5つで説明する「戦略BASiCS」の使い方を小説形式で。広告代理店のサエナイ営業マンが、「白いネコ」の授ける戦略ツール、戦略BASiCSを学び成長していく物語です。

小説タイプの本では珍しい、広告代理店という「BtoB」の舞台で物語が展開していきます。

経営戦略もキャリア戦略も、基本的な戦略の考え方は共通です。戦略の汎用的な考え方がわかります。

アマゾン1位(本全体の1位です)を獲得しました。

「戦略を、堅苦しい本では無く、わかりやすく楽しく読みたい」
「誰でも読める本をみんなで読んで、組織の共通言語を作りたい」
「自分のキャリア戦略も戦略的に考えてみたい」

というニーズにお応えします。

◆実戦レベル:マーケティングを実戦して成果を出したい方向け

「実戦レベル」は、このような方にお勧めです
○マーケティング関連業務(商品開発・営業・販促・企画など)の管理者~担当者の方
○自ら考え、自ら動く小規模企業の経営者・経営幹部の方
○体系的・戦略的に考え、動くことで「ブレ」なく一貫性をもって行動したい方
○経営者にアドバイスをされる経営コンサルタントさん、経営指導員さん

★「図解 実戦マーケティング戦略」

「図解 実戦マーケティング戦略」 佐藤義典
日本能率協会マネジメントセンター 1,680円(税込)

アマゾンはこちらです

マーケティング戦略の考え方を「戦場・競合」「独自資源」「強み」「顧客」「メッセージ」の5つで説明する「戦略BASiCS」を初めて世に問うた意欲作。2005年の発売以来、29刷(2013年現在)を数えるロングセラー。

戦略を考える「戦略BASiCS」、その具体的な打ち手を顧客視点で考える「マインドフロー」、売上を上げるたった5つの方法である「売上5原則」など、実務にすぐに使える体系的な戦略ツールをまとめあげたマーケティング戦略のベストセラーです。

戦略理論を「使える道具」にした、希有な本です。

「お勉強やお飾りではない、道具として使える戦略が欲しい」
「打ち手に落ちてくる、成果の出る戦略理論を知りたい」

というニーズにお応えします。

本書の目次はこちらからお読みいただけます(こちらをクリックするとPDFが立ち上がります)

★「新人OL、社長になって会社を立て直す」

「新人OL、社長になって会社を立て直す」 佐藤義典
青春出版社 1,140円(税込)

アマゾンはこちらです

(本書は「売れる会社のすごい仕組み」の改訂版であり、中身はほぼ同じです。「売れる~」を既にお持ちの方はご注意ください)

戦略を立案して実行していく際には、様々な問題が起きます。言うことを聞かない部下、次々に現れる競合、うまくいかない目標設定……。そのような問題を「イタリアンレストランを舞台とした小説」に詰め込みました。

ベストセラー「図解 実戦マーケティング戦略」のツールを小説仕立てにして、楽しく読めると同時に、具体的にどう使っていくのか、アタマにスッと入っていきます。

理論を一通り学び、それを実際どう使って実戦していくのか、その際にどんな問題が起きるのか? イタリアンレストランの社長として体感できます。

次々に現れる競合。崩壊していく社内。どう「会社を立て直す」のか?

「戦略の理論を実際にどう使うのか、具体的にどう考えればよいのかを知りたい」
「肩肘張らずに、気楽に戦略を学びたい」

というニーズにお応えします。

★「事例でわかる 実戦BtoBマーケティング」

「事例でわかる 実戦BtoBマーケティング」 佐藤義典
日本能率協会マネジメントセンター 1,680円(税込)

アマゾンはこちらです

BtoBマーケティングについての本は、日本で数冊しかありません。その中でも実戦性を重視しているのが本書です。

マーケティング戦略の考え方を「戦場・競合」「独自資源」「強み」「顧客」「メッセージ」の5つで説明する「戦略BASiCS」をBtoBに応用した本です。

サブタイトルは「お客様に頼られる存在になるための戦略実行」。明日からさっそく使える、お客様に頼られる存在になる手法が満載!

「BtoBならではの戦略の考え方、実行方法を知りたい」
「顧客企業の分析をきちんとやっておくべきだ」
「営業を、カンと経験ではなく、体系的にきちんと考えたい」

というニーズにお応えします。

★「マーケティング戦略実行チェック99」

「マーケティング戦略実行チェック99」 佐藤義典
日本能率協会マネジメントセンター 1,680円(税込)

アマゾンはこちらです

いくら戦略を考えても、「実行」しない限り成果につながりません。

「実行」のときに重要なのが「チェックポイント」です。「理論」をチェックポイント化することで、自分の行動につなげることができるようになります。

マーケティング戦略を実行していくときに必要なチェックリストを99にまとめました。

「戦略は考えたから、行動につなげたい」
「とにかく実行したい、成果を出したい」

というニーズにお応えします。

本書ので紹介する「チェックリスト」はこちらからお読みいただけます。こちらをクリックするとPDFが立ち上がります

◆実戦レベル:実戦するに当たってアイディアを出したい方向け

こんな方にお勧めです
○マーケティング関連業務(商品開発・営業・販促・企画など)の管理者~担当者の方
○自ら考え、自ら動く小規模企業の経営者・経営幹部の方
○理論はある程度身につけ、実戦するにあたってアイディアを出したい方
○広告代理店などでアイディアをいつも探している方

★「実戦マーケティング思考」

「実戦マーケティング思考」 佐藤義典
日本能率協会マネジメントセンター 1,575円

アマゾンはこちらです

戦略を実行して成果を出すのに必要なのが「アイディア」。しかし、意外なことに非常に多くの方が「アイディア」に苦手意識を持っています。

しかし、ビジネスで、マーケティングで必要なのは「突飛」なアイディアではありません。必要なのは、自社の、そして顧客の「問題解決が出来るアイディア」です。

ですから、アイディア発想は「ヒラメキ」ではなく「後天的に学べるスキル」なのです。

ただ、自然にアイディア発想ができるようになった方には、アイディアの出し方は教えられません(私たちが他人に日本語の話し方を教えられないのと同じです)。

20年間アイディア出しに苦しんだ著者が、その方法を体系化して「明日からアイディアを出す」ための「7つ道具」として誰にでもすぐ使えるようになりました。

「これまでと違うアイディアを出したい」
「アイディア出しにかける時間を短縮したい」
「お客様のココロに迫りたい。ニーズを知りたい」

というニーズにお応えします。

本書で紹介する「7つ道具」はこちらからご覧いただけます。こちらをクリックすると画像ファイルが立ち上がります

◆経営レベル:組織を引っ張りたい方・コンサルタント向け

こんな方にお勧めです

○戦略レベルのことを考える必要があるマーケティング関連業務の管理者~担当者の方
○経営者・事業部長として組織を引っ張る立場の方
○経営企画部門など、経営者の参謀の立場の方
○税理士さん・会計士さんなど、経営者をお客様とされるお仕事の方
○経営者にアドバイスをされる経営コンサルタントさん、経営指導員さん

★「経営戦略立案シナリオ」

「経営戦略立案シナリオ」 佐藤義典
かんき出版 2,310円(税込)

アマゾンはこちらです

経営環境が厳しいときには、事業成果(売上や利益など)の4割がマーケティング戦略の質で決まる、というデータもあります(怪しいデータではなく、日本企業を調査したきちんとしたデータです)。ですから、経営者の一番大事な仕事は、戦略を考えることです。

実戦的な戦略フレームワーク、戦略BASiCSについて徹底的に解説しました。

多くのフレームワークを使うほどに、かえって使いにくくなります。使いにくい道具をたくさん持つより、使える道具を1つ使いこなすのが、実戦する上でのポイントです。

「経営戦略を自分で考えて自分で使いたい」
「専門用語ではなく、平易な言葉で戦略立案方法を学びたい」
「MBAで経営戦略は一応習ったけど、実戦してみたい」

というニーズにお応えします。

★「売れる数字」

「売れる数字」 佐藤義典
朝日新聞出版 1,575円(税込)

アマゾンはこちらです

売れない時代において、「売上」は経営における最重要評価指標と言って良いかもしれません。

しかし「売上を上げろ」という指示を出すと、長期的には売上は減ります。「売上」を評価指標にしてはいけないのです。

「売上を上げろ」というと、どうしても強引に売り込んでしまい、一瞬売上は上がっても、長期的には顧客の不満を招いてしまうのです。多くの企業が知らず知らずのうちに、このジレンマに陥ってしまっています。

「売上を上げろ」と言っているのに売上が下がっているのはなぜだ、という今まで見過ごされてきたジレンマに回答します。

「会社一丸となって顧客の方を向きたい」
「組織を同じ方向に向けたい」
「従業員をきちんと評価したい」

というニーズにお応えします。

★「ことわざで鍛えるマーケティング脳」

「ことわざで鍛えるマーケティング脳」 佐藤義典
毎日コミュニケーションズ

アマゾンはこちらです

マーケティングやマーケティング戦略というと、ちょっと難しいものに聞こえるかもしれません。

しかし、例えば「餅は餅屋」などは、「自分の強みが活きる戦場に特化せよ」ということをたった4文字で表しています。ことわざには昔の人の知恵が詰まっているのです。マーケティングと言っても要は昔から言われていることを体系化したものにすぎません。

たった18のことわざで、マーケティング戦略論の要諦がわかります。

部下の方に対して、伝えたいことがあるときにもことわざを使えばわかりやすく伝えられます。

最初のことわざ「餅は餅屋」は、こちらから立ち読みいただけます。こちらをクリックするとPDFが立ち上がります

◆リニューアルされた書籍

★「ドリルを売るには穴を売れ」 佐藤義典著 青春出版社

上記の「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」としてリニューアルされています。基本的な内容はほぼ同じですので、そちらの項目をご参照ください。

★「売れる会社のすごい仕組み」 佐藤義典著 青春出版社

上記の「新人OL、社長になって会社を立て直す」としてリニューアルされています。基本的な内容はほぼ同じですので、そちらの項目をご参照ください。

◆佐藤義典の音声CD

CD7枚組の音声CDを2つ発行しており、こちらも結構好評をいただいております。あわせてご活用いただければ、よりご自身のビジネスにご活用いただきやすいかと思います。

車の中で、またはiPodなどに落として歩きながら時間を無駄なく使えます。また、耳から「聴く」ことで本を「読む」のとはまた違う刺激をアタマに与えられます。

少々値ははりますが、何回も繰り返し聴けますからアタマの中に染みこみ、プロの考え方・発想法が自分のものとなります。

通常の1日セミナーに参加すると5万円くらいが相場かと思いますが、私のCDは密度が濃いため、2日分くらいのセミナーの内容があるかと思います。それが何回も聴けますから、むしろオトクかと思います。

★7枚組CD 経営戦略虎の巻

「経営戦略 虎の巻」佐藤義典 音声CD7枚+テキスト
経営合理化協会 本体価格49,875円(税込)+送料450円

音声CD7枚組(約6時間26分)と、テキストのセット。実戦的な経営戦略立案ツール、戦略BASiCSを徹底解説。

パワーポイント200スライド分のテキストと記入用資料で、自社はどちらに向かうべきかをじっくりと考えられます。

特典は、A4 80ページの小説です。戦略を考えていくことは、簡単そうで難しいです。つまずきやすいポイントをどう乗り越えていけばいいのか、小説スタイルで解説します。登場人物は、売れたま!でおなじみの売多勝・売多真子・松井恵利です。

この小説は、このCDを買うことでしか(今のところ)手に入りません。

「自社の行くべき方向性をじっくり考えてみたい」
「何かを変えないといけないとは思うが、どう考えれば良いのか迷っている」

というニーズにお応えします。



CD7枚組と記入用シートで、「お客様に選ばれる会社になる」ための「経営戦略」の考え方・作り方を徹底ガイド。記入用シートの作り方もわかる、特典小説付き!

「経営戦略虎の巻 CD-BOX」日本経営合理化協会
佐藤義典 著 50,325円(送料・税込)

詳細・お申し込みはここをクリック

★7枚組CD 販売戦術虎の巻

「販売戦略 虎の巻」佐藤義典 音声CD7枚+テキスト
経営合理化協会 本体価格49,875円(税込)+送料450円

音声CD7枚組(約4時間12分)と、テキストのセット。

「売れるアイディア」というのは、自分の業界にはありません(あっても、それをマネすると結局は二番煎じですから差別化できません)。売れるアイディアは、他業界にあります。

しかし、他業界を知るのはなかなか大変です。そこで、他業界の成功アイディアを体系的にまとめた、世界でも希な「売れるアイディア特集」です。

売るためのヒントが満載!

「販売・営業のネタが欲しい」
「商品開発のヒントが欲しい」
「お客様に提案する際のネタが欲しい」

というニーズにお応えします。


CD7枚組で、売上を上げるテクニックを徹底解説。売上5原則に基づき、分けて考えていくことでアイディアが出ます。販促、営業、イベントなどのネタ元としてどうぞ。

「販売戦術虎の巻 CD-BOX」日本経営合理化協会
佐藤義典 著 50,3250円(送料・税込)

詳細・お申し込みはここをクリック